体脂肪減らすサプリランキング

 

 

お腹周りの脂肪、
内臓脂肪、、
体中の体脂肪を落としたい!

 

当サイトはそんな人におすすめの体脂肪を減らす燃焼系サプリを紹介しています。

 

燃焼系サプリとは、体の代謝を上げ脂肪の燃焼を促進する成分を配合したものを指します。たとえば、黒酢や防風通聖散、カルニチンなどたくさんの有効成分が存在します。当サイトは中でも強力な燃焼作用のあるものだけを厳選してピックアップしています。

 

生漢煎 防風通聖散の特徴

生漢煎 防風通聖散は、余分に溜まった体脂肪の燃焼に効果的な満量処方の漢方になります。ダイオウ・トウキ・ケイガイ・センキュウ・カンゾウ・ハッカなどの全18種類の生薬が、脂肪の分解・燃焼・排出を促進します。また、年齢を重ねるごとに低下していく基礎代謝も高めるため、余分なお肉がつきにくく、痩せやすい体質へと導きます。今なら当サイトより1ヶ月分が半額購入が可能です。

価格 3900円
評価 評価5
備考 初回半額以下!

 

シボヘールの特徴

シボヘールは、お腹の脂肪を減らす作用を持つ葛の花サプリメントになります。葛の花由来のイソフラボンには、継続摂取により内臓脂肪・皮下脂肪などの体脂肪を減らす効果があることが、研究結果から判明しています。また、脂肪減少に伴い、体重・BMIの数値減少にも働きます。シボヘールは確かな効果を実感できる機能性表示食品です。無駄なお肉、お腹周りの脂肪、など落としたい方におすすめです。

価格 980円
評価 評価4.5
備考 機能性表示食品

 

三黒の美酢の特徴

三黒の美酢は、ダイエットに興味のある女性の中で話題の黒酢を用いたサプリメントです。必須アミノ酸量が多いといわれる黒酢もろみから抽出した栄養成分をたっぷりと配合した上に、黒卵黄油と黒にんにくのエキスも含まれているため、脂肪燃焼だけでなくアンチエイジング効果も期待できるのです。好評を得ており発売以来10万袋突破しています。今なら販売HPより980円購入ができます。

価格 980円
評価 評価4
備考 初回980円

 

コレスリムの特徴

コレスリムは、体脂肪を燃やすために効果的な燃焼系成分をたっぷり凝縮したサプリメントです。余分なお肉を残らず叩き落とし予防するためのカルニチン・ギムネマ・酵素・カツオ煎じパウダー・クロロゲン酸・亜麻仁油などの燃焼系成分をこれでもか!というほど配合しています。これだけの有効成分が含まれているから食前に3粒飲むと"燃えてる"を実感できると評判です。返金保証があるためもし実感できなければサクッと返品できます。

価格 7000円
評価 評価3.5
備考 2個特別定期便

 

VCOサプリの特徴

VCOサプリは、今話題のヴァージンココナッツオイルをたっぷり配合したサプリメントです。ハリウッドスター、スーパーモデルの美の秘訣とも言われるヴァージンココナッツオイルは、脂肪燃焼体質に欠かせない中鎖脂肪酸を多く含みます。さらに、ラウリン酸などの肌荒れ解消に役立つ美容成分も持ち、ダイエットにも美容にも効果的なサプリメントです。今なら当サイトから特別モニター価格で購入できます

価格 1980円
評価 評価3
備考 返金保証付

 

 

人気の体脂肪サプリを簡単比較!

商品名 主成分 初回価格 メラメラ度
生漢煎 防風通聖散 防風通聖散※漢方 3900円(税別)
シボヘール 葛の花由来イソフラボン※機能性表示食品 980円(税込)
三黒の美酢 黒酢 980円(税別)
コレスリム カルニチン 7000円(税別)
VCOサプリ ココナッツオイル 1980円(税別)

売れてる体脂肪サプリを見てみる!

 

そもそも体脂肪とは?

 

テレビCMなどでも体脂肪という言葉を耳にすることも多くなってきました。体脂肪っていったいなんなのでしょうか?体脂肪というのは、体の中に蓄積してしまった脂肪のことをいいます。

 

体脂肪は、体のエネルギー貯蓄・衝撃を吸収する・体温を維持する・ホルモンバランスの調節などに欠かせないものでもあるのです。

 

人によって溜まる場所が異なる

 

しかし、体脂肪は、脂肪の溜まる場所によって種類が違ってきます。若い女性であれば、太ももやお尻に皮下脂肪として溜まりやすいのです。また、年齢を重ねるごとに、お腹の周辺や内臓の周りに皮下脂肪として溜まりやすくなるのです。

 

この貯蓄された脂肪は、脂質・炭水化物・たんぱく質という栄養素によって作り出されています。脂肪分を食べたからといって増加するわけではないのです。

 

しかし、脂質・炭水化物・たんぱく質が含まれている食品を過剰に摂取してしまうと不要な栄養素が体の中に溜まることによって体脂肪となってしまうのです。

 

年齢・性別・体系・生活環境によっても摂取カロリーは、人によって違うものなのですが、例えば1日の摂取カロリーが2,000kcalで消費カロリーが1,000kcalであった場合には、1,000kcalが余ってしまうのです。この分が体脂肪に変わってしまうということになるのです。

 

過剰に摂取してはダメ

 

過剰な食事摂取が体脂肪につながってしまうということなのです。体重が重いと一般的に肥満とされていますが、内蔵に脂肪がついてしまうことで内臓肥満となることもあるのです。

 

そのため、やせている人であっても肥満の可能性もあるのです。肥満を確認するには、体脂肪率とBMIによって確かめることができるのです。太っていなくても、肥満であることは考えられます。体の状態を確認するためにも、測定してみるといいかもしれませんね。

 

私のおすすめはこれ!

脂肪を減らす満量処方の漢方「生漢煎 防風通聖散」の詳細を見てみる!